新潟県燕市の太陽光発電、屋根工事、外壁工事、遮熱工事、リフォームならなんでもお任せ!

(株)R-CRAFT│やねとかべとおひさまと

  • 会社案内
  • スタッフ紹介
  • よくあるご質問

大人気のエコ商品!「遮熱」                   

DSC04536.JPG DSC05601.JPG syanetu1.jpg

遮熱」と「断熱」の違いを知っていますか?

最近よく「遮熱」という言葉を耳にする機会が増えてきていると思います。
ですが、「断熱」との違いがよくわからないという声を聞きます。

では、「遮熱」と「断熱」は何が違うのでしょうか。
簡単に説明しましょう。

「遮熱」「断熱」の違い

1、従来の「断熱」とは。。。
 従来の住宅には壁の中に断熱材(グラスウールやポリスチレンフォームなど)と呼ばれるものが入っています。
 これは「熱の伝導を抑える」ことを目的としています。外気と内部の温度差があるときに、その熱を伝えにくい素材でつくられています。ですので少しずつですが熱は伝わります。完全に「断つ」ことは出来ません。

2、新しい「遮熱」とは。。。
 熱が伝わるのを「抑える」というものではなく、熱源となる「電磁波(輻射熱)を反射する」という仕組みです。
 遮熱シートというアルミとポリエチレンで構成されたシートで熱源である電磁波(輻射熱)自体を反射し、遮断するのです。「断熱材」では外気の温度の伝わりを抑えられても根本的な電磁波(輻射熱)までは遮ることができません。
 本当に快適に過ごしたい、節約をしたいとお考えの方は「遮熱」をおすすめします。

☆電磁波が熱源であるということの簡単な例を挙げてみましょう。

皆さんはいま、気温36度の家の外にいるとしましょう。
太陽の真下にいると暑さで汗が出てきて頭もボーっとしますよね。ですが、木陰に行くとどうなるでしょう。涼しいと感じるのではないでしょうか。
 太陽の真下にいようと、木陰にいようと気温は36度で同じです。この差が電磁波によるものなのです。
 太陽の真下では太陽からの電磁波(輻射熱)が直接体に当たり、体を熱して温めてしまいます。
 それに対して、木陰では木の葉が電磁波(輻射熱)をカットしてくれるので涼しいのです。
syanetu3.jpg

 

ほんとに効果があるの?

 工事してみても効果が無ければ意味がありませんよね。
 では実際の測定データを見てみましょう。
 検証には、従来通りの「在来工法」、断熱に特化した「高気密高断熱工法」、そして遮熱シートを用いた「リフレクト工法」の3パターンを設定しました。
 外気温と室内温度を比べることで、どれほど熱の差が生じているかで性能を比較します。

 結果表を下に示します。

工法別 最高外気温 最高室内温度 内外温度差
在来工法 35.0℃ 32.5℃ 2.5℃
高気密高断熱工法 32.5℃ 31.5℃ 1.0℃
リフレクト工法 35.0℃ 28.5℃ 6.5℃


上記のような結果になりました。
リフレクト工法の家は他の工法に比べて圧倒的な内外温度差を示しています。
これだけの温度差があれば、夏場の冷房や冬場の暖房費が安くなることがわかります。

 

どんなものを用いるの?どこに使えるの?

「遮熱シート」ってどんなもの?

リフレクティックス 左にあるものが実際の「遮熱シート」です。
表面はアルミで出来ているので銀色をしています。

これを外壁の内側に施工します。
軽量ですので家に負担を掛けることもありません。
素材は腐るものではありませんので、定期的なメンテナンスもかかりません。

再利用が可能な商材ですので、地球環境にも優しい、優れたものです。
暑さ・寒さを快適に過ごす事に寄与した環境に優しく、経費の節約とエネルギーの節約に大きく貢献するものです。

 

どこに使えるの?

「遮熱シート」はどのような場所で使われているのでしょうか。
下に使用箇所の例を挙げさせていただきます。

syaneturei1.jpg 高気密・高断熱住宅     
屋根、壁、床と、建物全体を遮熱シートで覆った住宅は、高気密・高断熱住宅となり、市販の断熱材では不可能な快適空間を作り出せます。また、省エネルギー効果も絶大です。
 
  syaneturei5.jpg 床暖房システム       
遮熱シートを床下に1層貼ることで、床に放射された輻射熱の97%を反射し、足元、床全体を快適に保ちます。また、床下の湿気を100%カットし、細菌やカビの発生を防止します。
syaneturei7.jpg ガレージ・プレハブ建物    
ガレージの壁、天井に内貼りすることで、真夏の暑さを半永久的にカットします。プレハブ建物では、革命的な遮熱ハウスが期待できます。
 
  syaneturei6.jpg ダクト・配管         
ダクトやパイプを遮熱シートで巻くことで、熱損失、熱取得、空気の漏れを除去することができ、冷暖房費を大幅に減少することが可能です。吸水性ゼロの為、高圧洗浄機の洗浄も可能です。
syaneturei8.jpg ビルの遮熱材          
ビルの内側に施工する事により、コンクリート外壁に蓄熱された熱を室内に持ち込みません。夏は涼しく、冬は暖かく、特に夏場の夜の暑さを解消します。大幅な省エネ効果をもたらします。
 




dm_1.jpg
 




toiawase_bnr.png
0256-93-2537│お問い合わせ

エリアマップ

地図

営業エリア

燕市(燕、吉田、分水)、弥彦村、新潟市(巻、西川、岩室、中之口、潟東、味潟、白根、新津、亀田)、加茂市、三条市(栄、下田、)、長岡市(寺泊、与板、中ノ島、和島、長岡、)、見附市、新発田市、上越市、柏崎市


face company.png