カバー工法の耐久性

以下は、波型スレートの、0~50年の、曲げ破壊荷重と板厚減少値をグラフ化したものです。
 
上記グラフからは、波型スレートは、表層の風化による板厚の減少で、年々、強度は少しずつ落ちて来る事がわかります。

次に以下の表をご覧ください。20~40年の経過年数の曲げ破壊荷重に対する耐風圧力安全率です。


経過年数
曲げ破壊荷重
kgf
耐風圧力安全率
屋根一部材
120kgf/㎡
屋根周辺部
360kgf/㎡
20年
414
5.5
1.8
30年
391
5.1
1.7
40年
368
4.8
1.6

※注)建物高さ16m、大波スレート葺き屋根6尺中母屋1本の場合とする


耐風圧力安全率の基準値はそれぞれ、屋根一部材120kgf/㎡、屋根周辺部360 kgf/㎡であり、安全率「1.0」であれば、安全率が普通、上回れば安全率が高い、下回れば安全率が低いということです。

表から分かることは、40年経っても、安全率が1.0を大幅に上回っており、スレートの耐久性・安全性に問題ないということです。

以上より、30~40年経過したスレート屋根でも、充分な耐久性があり、ZeroDRoofによるカバー工事を行うことは全く問題ないことが分かりました。


さて、次は、「従来工法との違い」で、ZeroDRoofによるカバー工法は、既設スレートのフックボルトにロングナットを取り付け、新しい屋根を設置すると書きました。それでは、30~40年経過したフックボルトは大丈夫なのでしょうか?

以下は、新品と劣化品(30~40年経過)のフックボルトの断面写真です。
 
表面は劣化していますが、30~40年経っていても、ボルトの内部は劣化していなことが分かります。

また、以下は、(株)淀川製鋼所試験センターにて、劣化品のフックボルトの強度性能試験を実施した時のデータです。

・必要条件:軒高:12m 屋根勾配: 17度 基準風速:32m/s 建物仕様:閉鎖型
・スレート屋根の母屋ピッチ:850mm ビスの横間隔ピッチ:390mm 
・㎡当たりの金具の本数:3.01本/㎡


カバールーフ取付ビスの引き抜き強度

ビスの引き抜き強度  270kgf/本
㎡当たりの引き抜き強度  812kgf/㎡ =270×3.01
・サドル(通し母屋固定金具)の引っ張り強度
金具の引っ張り強度  257kgf/本 
㎡当たりの引っ張り強度  773kgf/㎡ =257×3.01
屋根材の負圧強度
試験ピッチ@900mm 620kgf/㎡

この屋根の必要強度は、

屋根一般部:115kfg/㎡  周辺部:147kgf/㎡   隅部:162kgf/㎡


屋根負圧強度は620kgf/㎡ですので、屋根の必要強度を大きく上回っています。

見慣れない単位や専門用語が出てきましたので、分かりづらいでずが、この実験から、30~40年経過したフックボルトを利用しても、強度は全く問題ないことが分かります。

その証拠に、今まで、数十万㎡の施工実績がありますが、フックボルトが壊れ屋根が外れたというクレームは一件もございません。

ちなみに、右写真は、実際の取り付け部分です。
取り付け後のロングナットを、フックボルトが見えるように切断した状態です。

フックボルトがロングナットに、しっかりとくっついているのが見て取れます。

新潟県燕市・三条市で太陽光発電、屋根工事、外壁工事、遮熱工事、リフォーム、ペレットストーブをご検討中の方は下記よりご相談ください。
現場調査からお見積りまで丁寧に対応いたします。

toiawase.png

対応工事

●屋根・外壁:板金工事、遮熱工事、塗装工事  ●太陽光発電システム設置工事  ●雨樋工事  ●ペレットストーブ設置工事  ●カーポート設置工事  ●バルコニー設置工事  ●風除室設置工事  ●門扉設置工事  ●シャッター設置工事  ●フェンス設置工事  ●手摺り設置工事

施工エリア

新潟県

燕市(燕、吉田、分水)、弥彦村、 新潟市、加茂市、三条市(栄、下田、)、長岡市(寺泊、与板、中ノ島、和島、長岡、)、 見附市、新発田市、上越市、柏崎市