結露対策

工場やスーパーなどの店舗、事務所等の結露対策依頼が増えてきております。
一般的には設備の管材への結露対策は多く見受けられますが、建物や設備(冷却タンクなど)そのものへの結露対策はあまりされておりません。
内気と外気の寒暖の差の激しい冬場や建物内の冷却設備などの周りが水浸し状態になったままの企業様も多いのではないでしょうか?

結露はなぜ発生するのか?

水分を多く含む空気(湿った空気)が露点温度よりも冷たい物質に触れることで、空気中の水分が凝結し水滴となる現象です。
結露のできる部位によっても対処法が変わってきます。

●表面結露

文字通りガラス面や壁、設備機器などの表面にできる結露のことです。
発見が容易なため、被害が拡大する前に対策が打てます。

●内部結露

建物の構造上の内部空間にできる結露です。
表面ではなく壁の裏側などに結露ができるため発見が非常に困難であり、結露による二次災害(カビなど)が発生してやっと気づけるものです。


結露による被害

●過湿状態による不快感(業務効率の低下)
●湿った空間によるカビやダニの発生(人体に有害)
●天井や壁面のカビの発生
●内部結露による、構造体の腐食・老朽化の進行
●錆などの進行促進
●断熱性能が低下
●転倒の増加(結露水による床面の滑り)


結露の部位による対策

◆天井の結露
天井裏の配管の結露や換気口部分の結露などがあり、気づいた時にはカビている、黒く変色してきているなどのパターンが多くあります。
また、天井の一部にシミができているなど局所的に発生したりします。
施設系ですと断熱材の施工不良や劣化による切れ目の部分から空気や熱が伝わることにより結露が発生することもあります。

●天井の結露に対する対策
・断熱材、防熱材の改修(断熱の見直し)
・通気性、換気性の性能向上(換気設備の増築、性能アップ)
・熱源を触れさせない仕組み(遮熱施工)


◆室内での結露
室内での結露の場合は、室内の湿度管理や断熱材の見直しが必要です。
また設備関連(冷蔵設備)などが原因であることも多くありますので、設置場所の見直しも必要です。
室内での結露は床を伝わって階下にも影響を及ぼすことがありますので気を付けましょう。

●室内での結露に対する対策
・内気と外気の温度差を極力なくす
・室内の湿度調整を行う
・冷房、冷蔵設備周辺は断熱を施す

遮熱シート施工による結露対策

熱移動よ遮断することで温度差を無くし、結露を防止します。


以下は、沖縄にある、全国チェーンの某スーパーマーケットの食品コーナーの事例です。

既存店舗(写真下)は結露によるカビの発生に悩まされていました。食品コーナーですので、カビの発生は一大事です。
このようなことから、お客様からのご相談があり、新店舗に遮熱材リフレクティックスを施工致しました。

その結果、新店舗(写真上)では、1年後でも、結露及びカビが発生しておらず、お客様に大変喜んで頂きました。 

他に結露で悩んでいらっしゃるのは、食品の冷蔵倉庫です。
以下は、ビール貯蔵庫やビールタンクに遮熱材リフレクティックスが使われた事例です。

また、2011年3月11日の東日本大震災で影響を受けた被災地の仮設住宅にリフレクティックスが寄贈され、使われました。

仮設住宅では、冬の結露問題がクローズアップされていました。
リフレクティックスを施工させて頂いたところ、結露が起きないということで大変喜んでいただきました。


更に、岩手県の「岩手県新技術等活用促進事業」において、「遮熱材を用いた結露対策工事」の新技術として、リフレクティックスが平成22年7月5日に採用されました。

遮熱材リフレクティックスは、行政からも結露対策工事として認められています。



岩手県新技術等活用促進事業について

施工事例

結露対策施工事例は下の写真をクリック!

case2.png

工場長様のご感想

kansou.jpg

新潟県燕市・三条市で太陽光発電、屋根工事、外壁工事、遮熱工事、リフォーム、ペレットストーブをご検討中の方は下記よりご相談ください。
現場調査からお見積りまで丁寧に対応いたします。

toiawase.png

対応工事

●屋根・外壁:板金工事、遮熱工事、塗装工事  ●太陽光発電システム設置工事  ●雨樋工事  ●ペレットストーブ設置工事  ●カーポート設置工事  ●バルコニー設置工事  ●風除室設置工事  ●門扉設置工事  ●シャッター設置工事  ●フェンス設置工事  ●手摺り設置工事

施工エリア

新潟県

燕市(燕、吉田、分水)、弥彦村、 新潟市、加茂市、三条市(栄、下田、)、長岡市(寺泊、与板、中ノ島、和島、長岡、)、 見附市、新発田市、上越市、柏崎市